天気予報

20

12

みん経トピックス

きりこボード、残りも移設ご当地ラベルで寄付17万円

気仙地域の中高生らがワールドカフェ-地域づくりを考える

  • 0

 陸前高田・竹駒町コミュニティーセンター(陸前高田市竹駒町)で2月8日、中学生や高校生らがこれからの地域づくりについて考えるワークショップ「気仙地域の未来をつくる中高生ワールドカフェ」が行われる。

 同市と隣接する大船渡市、住田町、宮城県気仙沼市の気仙地域の中高生と同地域出身の大学生らが集まり、被災後の地域のあり方を考えるワークショップ。今回が2回目。主催は田谷地区集団移転協議会で、子ども安全まちづくりパートナーズ(東京都千代田区)と明治大学理工学部建築学科の山本俊哉都市計画研究室がワークショップをサポートする。

 「住み続けられる高台の住宅地とは?」「観光客を集められるまちにするには?」「『地元に帰ろう』を実現するには?」をテーマに、今回はワークショップの手法として注目されるワールドカフェ方式で行う。前回は「逃げ地図」をテーマに避難所までの道のりを可視化する内容で行った。

 ワークショップをサポートする同研究室の学生は「前回は震災を踏まえて子どもたちが危険だと思ったところなど、意見をたくさん出してくれた。初めは引っ込み思案だったが、ワークショップを進めていくうちに打ち解けて、最後には気持ちを込めたプレゼンをしてくれた」と今回にも期待する。

 開催時間は14時~16時30分。参加無料。大船渡市、住田町、気仙沼市の各役所から無料送迎バスあり。問い合わせは山本研究室(TEL 044-934-7390)まで。

グローバルフォトニュース