天気予報

25

17

みん経トピックス

大槌に人気アパレル限定出店南三陸で旬の寒鱈まつり

大船渡で「つばきまつり」-おおふなトンと遊べるイベントも

  • 0
大船渡で「つばきまつり」-おおふなトンと遊べるイベントも

世界の椿館・碁石

写真を拡大 地図を拡大

 大船渡にある「世界の椿館・碁石」(大船渡市末崎町、TEL 0192-29-4187)で1月19日、「第17回・つばきまつり」が始まった。

 地元大船渡で品種改良されたオリジナル品種や米国、オーストラリアなど世界13カ国600種類のツバキが咲くことから、県内や東北各地からも見物客が訪れる。

 同館スタッフによると、すで300種類が咲いており、中でも黄色い花が咲く「金花茶」(中国)が人気という。

 地元の女性客は「お目当ての花がいくつかあるので、毎年2回、日にちをずらして見に行く」と話していた。

 週末にはイベントも行い、ツバキを使ったスイーツの販売会や地元大船渡のゆるキャラ「おおふなトン」と遊べる催しなども開催する。

 同市にある熊野神社には推定樹齢1400年、世界最古と言われる「三面椿(つばき)」があるほか、油などツバキを生活に取り入れた文化の北限といわれていることなどから、市の花にも指定され、震災後にはツバキを活用した復興商品も開発されている。

 開館時間は9時~17時。入館料は、大人=500円、小中学生=300円。3月23日まで。

グローバルフォトニュース