天気予報

6

-3

みん経トピックス

大船渡の文化施設が省エネ賞南三陸復興グッズ店に新商品

ローソン、気仙沼産のサメ肉でコンビニ弁当-地元高校生らと共同開発

  • 0
ローソン、気仙沼産のサメ肉でコンビニ弁当-地元高校生らと共同開発

全国的には珍しいサメを使った「フカカツ弁当」。震災からの「復活」も語呂に合わせ

写真を拡大 地図を拡大

 コンビニ大手のローソン(東京都品川区)は1月14日、気仙沼産のサメ(フカ)肉とサンマを使ったご当地弁当「気仙沼復活(フカカツ)弁当」を発売した。同日から2週間程度、宮城県内の184店で販売する。

 同商品は、県内の弁当コンテストで地産地消メニューを開発するなど地域貢献に積極的な気仙沼西高校の3年生22人が、家庭科の授業を通じてメニューを考案し、その後同社と共に約5カ月をかけて開発したもの。

 メーンのおかずはサメ(フカ)肉を油で揚げたカツに仙台みそだれをかけた「フカカツ」とサンマの竜田揚げで、市内の食品加工「オサベフーズ」の食材を使った。ほかに豚肉と玉ねぎ煮、小松菜とニンジンの煮びたし、玉子焼き、鶏つくね、レンコンとコンニャクのピリ辛煮を合わせ、いずれも気仙沼や県内産の素材を取り入れた。

 気仙沼を含む三陸沿岸ではフカヒレ以外にもサメ肉を使った郷土料理があり、日常的に食べられている。

 価格は498円。

グローバルフォトニュース