天気予報

22

12

みん経トピックス

子育てママ対象のIT講座復興グルメと語り部のツアー

2014年版「三陸復興カレンダー」発売、三陸12市町村の伝統芸能を掲載

  • 0
2014年版「三陸復興カレンダー」発売、三陸12市町村の伝統芸能を掲載

カレンダーに使われている、大船渡市の前田鹿踊り

写真を拡大

 復興支援団体「SAVE IWATE」(盛岡市内丸、TEL 080-6006-9201)は10月中旬から、「三陸復興カレンダー2014」を販売している。今月からは、さわや書店や東山書店など岩手県内の書店でも販売を始めた。

 虎舞(とらまい)や鹿踊り(ししおどり)、陸前高田市のけんか七夕など被災地である岩手県三陸の12市町村に伝わる伝統芸能を、それぞれ毎月1枚の写真でまとめたカレンダー。震災後の2012年版から発行し、今回で3回目。写真は被災者自らが撮影したものも含まれるという。

 カレンダーの企画担当者は「地域の民俗芸能は被災地の住民の心のよりどころになっている。海と共に暮らす人々の心意気を感じてほしい」と話す。

 サイズは約60×28センチで壁掛け型、オールカラー。価格は1,000円。収益は被災地支援の活動に充てる。県内書店のほか、オンライン書店のamazon、SAVE IWATEでも販売。直販の詳細はホームページで確認できる。団体の名入れにも応じる。

グローバルフォトニュース