天気予報

17

10

みん経トピックス

大槌で「グラアカ」大会仮設店舗の理髪店が再開1年

久慈で荒木経惟さん写真展-展示作品、被災者へプレゼントも

  • 0
久慈で荒木経惟さん写真展-展示作品、被災者へプレゼントも

花の写真を見ながらゆっくりくつろげるエントランスホール

写真を拡大 地図を拡大

 久慈市文化会館アンバーホール(久慈市川崎町)で現在、写真家のアラーキーこと荒木経惟さんの特別企画展「花の写真を」が開催されている。

 震災直後から、都内や自宅バルコニーなどで花の写真を撮り始めたという荒木さん。そのバルコニーは、亡き妻や愛猫との思い出の場所で、「緑色の植物が生え、花が咲くと、新しい命が生まれる気がする。被災地だってきっとそう」と感じてきた。

 同館のエントランスホールに展示された作品は30点。鮮やかで生命力あふれる写真で、ホールを訪れる人の目を楽しませている。

 同展は、これまでに盛岡市や宮城県石巻市、福島県いわき市を巡回し、展示後の写真は、仮設住宅などに住む被災者に贈られてきた。

 写真を見た被災者からは「明るく元気になるような、勢いのある生きた花がそこにあった」「場がパッと明るくなりそう」などの感想が寄せられている。

 開館時間は9時~18時。火曜日休館。観覧無料。5月31日まで。

グローバルフォトニュース