天気予報

17

10

みん経トピックス

南三陸の情報誌でモアイ特集あまちゃん半纏が売上好調

宮古の道の駅「シートピアなあど」、2年4カ月ぶりに改装・再開

  • 0
宮古の道の駅「シートピアなあど」、2年4カ月ぶりに改装・再開

ソーラーパネルなどを新設しリニューアルオープンした「シートピアなあど」

写真を拡大 地図を拡大

 宮古市の広域総合交流促進施設「道の駅・みなとオアシス シートピアなあど」(宮古市臨海港、TEL 0193-71-3100)が復旧工事を終え、7月6日、2年4カ月ぶりに再開した。

 宮古湾に面する同館は、地元野菜や海産物、土産物などの販売所、レストラン、会議室を備えた総合交流施設。2003年のオープン以来、同市を中心とした沿岸観光拠点の一つとして大きな役割を担ってきた。しかし、一昨年の震災で5メートルの津波が2階部分まで押し寄せ、建物は半壊。幸い基礎や構造にゆがみがなかったことから、改修工事が進められていた。

 リニューアルにあたり、屋根にはソーラーパネルを新設し、館内照明をLED電球に変更。また、自動ドアやオストメイト対応トイレも完備し、ユニバーサルデザインを取り入れた。海に面した施設であることから、津波災害を想定し、高台までの避難経路を示す看板も屋内外に数カ所設置した。

 オープン当日、屋外では同市や近隣市町村から出店したフードブースが軒を連ね、訪れた大勢の市民や観光客でにぎわいを見せた。また「山口太鼓」や民謡歌手・小田代直子さんのステージがリニューアルオープンを盛り上げた。

 「お待たせしました」と安堵(あんど)の笑顔を浮かべるのは、宮古市産業支援センター所長の中嶋良彦さん。これまで市民から「いつ再開するのか?」といった問い合わせが数多く寄せられていたという。「市民の集いの場、観光拠点として、ここからが再スタート。イベントなども企画して、さらに盛り上げて行きたい」と意気込みを見せる。

 同市在住の30代男性は「いつも散歩がてらここに来て、新鮮な野菜や魚介類を買っていた。再開してくれて本当にうれしい」と話した。

 開館時間9時~17時(レストランは10時~15時)。

グローバルフォトニュース