天気予報

22

12

みん経トピックス

宮古DVDボックス風カレー三陸キラキラ丼に春メニュー

大槌で「復興花火」打ち上げへ-漁師を支援したロックバンドが企画

  • 0
大槌で「復興花火」打ち上げへ-漁師を支援したロックバンドが企画

昨年6月、大槌・吉里吉里港に漁船を無事送り届けたナナカラットのAsamiさん(写真右)

写真を拡大 地図を拡大

 被災地の漁師に漁船を支援したロックバンド「ナナカラット」が3月10日、大槌町の吉里吉里港で復興ソングを歌うライブと花火の打ち上げイベントを行う。

 同バンドは昨年3月、ボーカル・Asamiさんを中心に、自分たちのCD1枚を物々交換しながら漁船に換える「漁船お届けプロジェクト」を立ち上げた。CDはパソコンからダイヤのネックレスを経て、伊豆大島の漁師が保有する1艘(そう)の漁船にたどり着き、同年6月に同町で被災した87歳の漁師に寄付した。さらに船を大槌まで回航するための費用を、横浜のチャリティーライブで捻出。メンバーらも乗船して、台風直後の荒波の中、6月25日に船を吉里吉里港に送り届けた。

 その後も等身大の支援を続ける同バンド。震災から2年目を迎える3月11日に合わせて、CDアルバム「ホシゾラポケット」の売り上げを元手に、花火を打ち上げるイベントを企画した。

 10日の「被災地に打ち上げ花火を上げよう」と題したイベントでは、同バンドが震災直後に作った復興ソング「願いは一つ」を演奏するほか、花火60発を打ち上げる。

 会場は吉里吉里漁港で、時間は16時~18時30分。観覧無料。

グローバルフォトニュース