天気予報

27

16

みん経トピックス

山田で「語り部ツアー」開始被災地の子どもに外食の記憶

気仙沼のガイドブック「まるかじり」が復刻、話題に-復興の手掛かりに

  • 0
気仙沼のガイドブック「まるかじり」が復刻、話題に-復興の手掛かりに

復刻された「まるかじり気仙沼ガイドブック」

写真を拡大 地図を拡大

 昨年11月に復刻版として再び発行された「まるかじり気仙沼ガイドブック」が、震災後の地域を見直すきっかけとして脚光を浴びている。

 A5サイズ、161ページ、オールカラーからなる同書は、気仙沼の地域資源に光を当て、地域の風土や歴史、文化から観光、土産物、飲食店まで、あらゆる地域情報を網羅したもの。復刻版では、震災での被害状況や復旧復興への課題、復刻の経緯などが前書きとして加筆された。

 同書は、気仙沼商工会議所が2008年2月に6000部を発行。地域の魅力を知ってほしいと市内の中高生に配布したところ反響が大きく、同年6月に3000部を増刷。市内の書店などで500円で販売し、ほぼ完売していた。

 企画したのは市民団体「スローフード気仙沼」。震災後の復旧復興を考える上で、地域に根差した独自のまちづくりを進めるには、歴史や文化や自然環境を知ることが不可欠だと考え、市民団体のシビックフォース(東京都千代田区)の支援を受けて、今回新たに4000部を発行した。ボランティアなどで気仙沼を訪れる人たちに震災前の姿を知ってもらう目的もあるという。

 市内の図書館や公民館などに配布しているほか、語り部育成講座の参考資料としても活用する。販売はしないが、希望者には1人1冊を配布する。

 同ガイドブックの問い合わせ先は、スローフード気仙沼事務局(TEL 0226-22-4600)まで。

グローバルフォトニュース