天気予報

24

11

みん経トピックス

気仙沼で「うたごころ」上映船で見る本州一早い初日の出

まちおこしの中核「大船渡屋台村」1周年-記念イベントで趣向さまざま

  • 0
まちおこしの中核「大船渡屋台村」1周年-記念イベントで趣向さまざま

全員が一体になったものまねライブ

写真を拡大 地図を拡大

 大船渡の「大船渡屋台村」(大船渡市野々田)が12月20日で1周年を迎え、同日~24日に開業1周年感謝祭を開催した。22日には記念イベントとしてものまねタレント「武丸」さんのライブを開催。多くの人がライブと屋台村の夜を楽しんだ。

 中小企業基盤整備機構の仮設店舗の制度を利用して、被災した飲食店を中心に20店でスタートした同屋台村。オープンから1年で、市民や復興関係に従事する人、視察やツアー客など約10万人が来場し、震災後の大船渡の新たな観光名所として利用されている。

 この日、同屋台村の敷地内に設けられた「お祭り広場」でライブが始まると、各店で食事中の人たちが料理や飲み物を持って広場に集まり、食事とともにライブを楽しんだ。感謝祭開催中は全店が生ビールを半額で提供したほか、各店舗が趣向を凝らした特別メニューやプレゼントを提供した。

 市内の30代男性は「今日はライブを見たくて来た。屋台村にはよく顔を出す。店が狭い分、距離が縮まるので、他のお客さんとも仲良くなれて楽しい」と笑顔を見せた。

 同屋台村の及川雄右理事長は「今までの1年間は目先のことで精いっぱいだった。次の1年は将来を見据えた1年。今後は、各仮設商店街と連携を取って新しいまちづくりに取り組んでいく」と話している。

グローバルフォトニュース