天気予報

17

10

みん経トピックス

JR気仙沼線でBRT運行気仙沼で「うたごころ」上映

宮古で「アロマでハウスキーピング」教室-好みのブレンドでマイ・アロマ製作

  • 0
宮古で「アロマでハウスキーピング」教室-好みのブレンドでマイ・アロマ製作

抗菌効果のあるエッセンシャルオイルをブレンドしてルームスプレーを作る参加者

写真を拡大 地図を拡大

 宮古市の中央公民館分館(宮古市保久田、TEL 0193-63-4700)で12月22日、「アロマセラピー教室~アロマでお手軽お掃除」講座が開催され、市内の女性10人がアロマの知識を深めた。

 同教室は、同市在住のアロマコーディネーター・山下和美さんを講師に迎え開催。アロマセラピーの基礎解説では、アロマセラピーの歴史に加え、ヨーロッパでは病気の予防やメンタルケア、スキンケアなどに広く利用されていることなどを学んだ。また、香りが鼻や肌から身体に作用する仕組みなどが詳しく解説され、熱心にメモをとる参加者も。

 続いて、レモン、ベルガモット、ティートゥリーなど5種類のエッセンシャルオイルの香りの嗅ぎ分けを体験。自分好みの香りを見つけながら、それぞれの持つ効能や使用法、注意点などを教わった。

 講座の後半では、拭き掃除に使えるアロマの活用法やクエン酸アロマクレンザーの作り方を学びながら、消臭や抗菌効果のあるルームスプレーを製作。レシピを元に、無水エタノールと精製水にエッセンシャルオイルをブレンドし、それぞれ好みのスプレーを完成させた。

 参加した同市在住の女性は「以前からアロマに興味を持っていたので、分かりやすく教えてもらえてよかった。自分の好きな香りや活用方法が分かったので、生活に取り入れていきたい」と話した。

 講師の山下さんは、タイ式ヨガ「ルーシーダットン」の認定インストラクターでもあり、これまでにも働く女性のための教室などを開催してきた。震災後には避難所や仮設住宅を周り、ボランティアでアロママッサージや高齢者の体をほぐすなど手掛けてきた。山下さんは「女性が元気に輝いていると街が華やぐ。人を元気にするためにも、まずは自分が癒されることの必要性を伝えていきたい」と話す。

 アロマセラピー教室は来年1月26日に、同館で第2回目「シュワシュワハッピーバスタイム」を開催する予定。

グローバルフォトニュース