天気予報

17

10

みん経トピックス

宮古「山口太鼓」40周年気仙椿油使い生パスタセット

コカ・コーラ復興支援基金、被災地の高校生対象に米研修を支援

  • 0
コカ・コーラ復興支援基金、被災地の高校生対象に米研修を支援

昨年夏に行われた研修の様子

写真を拡大

 コカ・コーラ教育・環境財団が創成する「コカ・コーラ復興支援基金」は12月6日、来年夏に実施する高校生を対象とした米国ホームステイの研修プログラム「TOMODACHIサマー2013」の参加募集を始めた。

 対象は来夏に高校に在学する生徒(現在、中学3年生~高校2年生)で、「国際社会で求められる他国の文化と社会を理解する力を身につける」ことを目標に、岩手・宮城・福島から120人を募集する。ホームステイの滞在先は米国バーリントン市(バーモント州)、ダラス市(テキサス州)セントルイス市(ミズーリ州)など8都市とその近郊で、期間は来年7月21日~8月8日を予定。国内移動費を含む渡航費、現地移動費、食費ほか研修プログラムにかかる費用を同基金が支援・拠出する。

 研修では実践的に英語を学ぶほか、野球観戦やボランティア活動、スポーツ交流を予定する。

 選考方法は作文(800字以内)による書類審査で、同基金ホームページなどで申し込む。締め切りは来年3月15日。

 同プログラムは、日米両国政府と日米カウンシルが主導する官民パートナーシップ「TOMODACHIイニシアチブ」の支援プログラムに賛同する形で、今年から3年間で300人を研修し、被災地から国際人を育てる計画。

グローバルフォトニュース