天気予報

20

13

みん経トピックス

陸前高田の名産がコラボ商品日本酒「山田魂」で復興支援

被災した釜石ラーメン「こんとき」、今年も東京ラーメンショーに出店

  • 0
被災した釜石ラーメン「こんとき」、今年も東京ラーメンショーに出店

脇目もふらずラーメン作りに精を出す こんときの店主、紺野時男さん

写真を拡大 地図を拡大

 現在、東京駒沢オリンピック公園で行われている東京ラーメンショー2012に岩手県釜石市のラーメン店「こんとき」が出店している。10月31日から始まった後半の第2幕で、昨年に引き続いての出店。

仮設商店街で営業するこんとき

 釜石市の中心商店街にあった同店は津波で被災し、現在は仮設商店街「はまゆり飲食店街」に店を構える。のれんをくぐると店主の紺野時男さんの威勢のいい声が飛び交い、店内はいつも明るく被災した重苦しいイメージは微塵もない。昼時になると、澄んだ黄金色のあっさりスープを求めて地元の常連客や復興事業に関わるビジネスマンや工事関係者であふれる。

 出発を前に紺野さんは「被災地からの元気を届けたい」と元気よく話していた。

 同ショーの第2幕は、北は岩手、秋田から南は沖縄まで20店が軒を並べる。開催時間は10時~21時。ラーメンはいずれも1杯800円。11月4日まで。

グローバルフォトニュース