天気予報

20

13

みん経トピックス

気仙沼で初の復興神輿まつり佐渡裕さんとSKOが演奏会

宮古にライブハウス誕生-「東北ライブハウス大作戦」プロジェクトが開設

  • 0
宮古にライブハウス誕生-「東北ライブハウス大作戦」プロジェクトが開設

こけら落とし公演に出演したバンド「Ken Yokoyama」

写真を拡大 地図を拡大

 宮古市内に8月19日、ライブハウス「クラブ カウンターアクション 宮古」(宮古市大通)がオープンし、「Ken Yokoyama」らのライブに約250人が詰めかけた。

エントランス前でライブの開演を待つ若者たち

 「被災地に音楽を通して若者が集まる場を作りたい」と、東京のライブツアーPAチームが中心となって企画されたプロジェクト「東北ライブハウス大作戦」によって開設された同施設。このほかに、すでに大船渡市、さらに宮城県石巻市でも建築が進んでいるという。宮古の広さはステージを含む約44平方メートルで、スタンディングで約250人を収容可能。運営には、同市内で飲食店や内装業など、それぞれ仕事を持つスタッフ5人が当たっている。

 オープン当日、エントランス前には、開場を待つ若者で長い行列ができ、ライブ開始を待ちわびる姿が見られた。19時にスタートした「こけら落とし」ライブには、「Ken Yokoyama」「MEANING」が出演。新曲を含めた熱い演奏に、満員の施設内は熱狂の渦に包まれた。

 スタッフの諸田祐希さんは「若い人たちが音楽を楽しんでもらう場所ができてうれしい。沿岸部に音楽シーンが育つ起爆剤としての存在になれば」と話す。

 カウンターアクション宮古では、8月中は毎週、9月以降も月に数回のライブが予定されている。

グローバルフォトニュース