天気予報

25

17

みん経トピックス

大船渡でポップティーン祭り宮古でボンネットバス運行

サケのすり身付き「鮭ラーメン」発売-宮古の厨房男子らが共同開発

  • 0
サケのすり身付き「鮭ラーメン」発売-宮古の厨房男子らが共同開発

「鮭ラーメン」のパッケージ。サケのすり身団子入りが特徴

写真を拡大 地図を拡大

 三陸産の食材、地元企業での製造にこだわった「鮭(サケ)ラーメン」の販売が4月5日、始まった。

 同商品は、麺とサケのすり身団子が入ったスープのセットで、宮古で復興を支援する「かけあしの会」と市内の男性料理愛好家で作るグループ「男のエプロンクラブ」が共同で開発した。使っているサケや塩は、いずれも宮古産。平打ちのちぢれ麺やすり身の製造も地元宮古市や隣の山田町の業者に依頼する。

 味はあっさりしたしょうゆ味のスープに細い麺が絡み、サケのすり身団子は大きく柔らかいのが特徴。「かけあしの会」代表の菅原則夫さんは「企画が立ち上がってから製品化するまでに4カ月を要した、こだわりの商品。宮古の新しい名産物として長く販売していきたい」と話す。

同会はこれまでに宮古の塩を使用した「塩サイダー」や「塩麹(こうじ)」も開発。被災した企業や住民に、職や社会参加の場を提供する支援を続けている。

 「鮭ラーメン」は1セット1人前で350円。いわて生協マリンコープDORA(宮古市小山田)、シートピアなあど仮設店舗(臨港通)などで販売する。

グローバルフォトニュース