天気予報

13

1

みん経トピックス

釜石の回転ずし店が営業再開山田にビジネスホテル開業へ

大槌町の歌手、臼澤みさきさんがメジャーデビュー「地元に元気届けたい」

  • 0
大槌町の歌手、臼澤みさきさんがメジャーデビュー「地元に元気届けたい」

ライブ後には町民からたくさんの花束が贈られた。中には金一封も

写真を拡大 地図を拡大

 東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県大槌町に住む歌手、臼澤みさきさんが7月25日、「故郷~Blue Sky Homeland~」(テイチクエンタテインメント)でメジャーデビューした。同日、これを記念したミニライブがシーサイドタウンマスト(大槌町小槌)で行われ、大勢の町民がお祝いに駆け付けた。

ミニライブで歌う臼澤みさきさん(関連写真)

 臼澤さんは地元中学校に通う13歳。幼いころから民謡習い、これまでに「第49回・青少年みんよう全国大会 みんようグランプリ大賞」を始め数々の賞を受賞。昨年7月にテレビの民謡番組に映ったのをきっかけに、ポップ歌手としてのデビュー話が持ち上がった。

 彼女を見いだした所属事務所クレド(東京都港区)の平野社長は「たまたま見たのは別の人がメーンのインタビュー番組だったが、その脇にいた彼女の存在感に引かれた」と明かす。

 当日行われたミニライブでは、デビューシングル「故郷」のほか、カップリング曲の「友輝(ゆうき) Red Sky Homeland」、自身が得意という岩手の民謡「外山節」を披露した。

 ステージで、臼澤さんは「 地元の人はもちろん、応援してくれる人の声援をパワーに変えて、聴いている人に勇気を与えたり、元気を届けられるようになりたい」と意気込みを見せた。

 最前列に駆け付けた同級生の女生徒は「きれいな歌で自然と涙があふれてきそうな曲。とても感動した。これからもずっと応援していきたい」と笑顔で話した。

 デビューシングルは、CDとカセット(いずれも1,200円)で全国CD店で販売。iTunes Store、レコチョクでも配信する。

グローバルフォトニュース