天気予報

6

-3

みん経トピックス

陸前高田で日本の未来考えるけせん朝市で益子焼陶器市

宮古のサマーフェスでTUBEが熱唱-1年越しの「約束」果たすライブ

  • 0
宮古のサマーフェスでTUBEが熱唱-1年越しの「約束」果たすライブ

事務局から贈られた特製の大漁旗の前で演奏するTUBE

写真を拡大 地図を拡大

 宮古市の合同資源産業敷地内特設会場(宮古市小山田)で7月15日、「サマーフェスみやこ~ありがとうを届けよう~」が行われ、人気バンド「TUBE」の特別ライブに市民が熱狂した。

ライブを楽しむ宮古市民

 ヒット曲「シーズン・イン・ザ・サン」で幕を開けたステージでは、ボーカルの前田亘輝さんの「約束通りまた来たよ!」の声に、数千人の観客は「おかえり!」で迎えた。「湘南My Love」「あー夏休み」などヒット曲の数々に、会場は熱狂した。

 昨年4月と5月に、震災後に被災地支援で同市を訪れたTUBE。飛び入りで地元ラジオ局に出演した際、「生活が落ち着いて、宮古のみんなが元気になったころにまた来る。今度はライブを」と約束していた。今年に入り、同イベント事務局がライブ出演を打診したところTUBE側が快諾。1年越しで約束を果たすかたちとなった。

 ステージの最後には、イベント事務局からTUBEへ感謝の気持ちを伝える「ありがとうTUBE」と染め抜かれた大漁旗をプレゼント。思い出の楽曲「RESTART」を全員で合唱し、観客の中には、涙を流しながら歌う女性の姿も。

 同イベントでは、宮古市内外から28の企業や団体が出店。多くのボランティアも協力してにぎわった。事務局長を務めた佐々木一光さんは「自分たちで何かやらなければと、後ろ盾のない中、友人と2人で始めた企画に、多くの人の協力してくれた。復興へのパワーになる」と話す。

 TUBEの復興応援フリーライブは、翌日16日に釜石市でも行われ、21日は大船渡市、22日は気仙沼市での開催が予定されている。

グローバルフォトニュース