天気予報

9

1

みん経トピックス

大船渡で親子川遊びイベント岩手野田村で志の輔さん公演

陸前高田に「おふくろの味」居酒屋新店-ランチは格安「丼もの」提供

  • 0
陸前高田に「おふくろの味」居酒屋新店-ランチは格安「丼もの」提供

ランチタイム一番人気の「陸まる丼」

写真を拡大 地図を拡大

 陸前高田の仮設商店街「高田大隅つどいの丘商店街」(陸前高田市大隅)に6月29日、「かあちゃんの台所 陸まる」(TEL 0192-47-3653)が開店した。

 店はテーブル席=8席、小上がり=24席、カウンター6席の計38席。開店初日のランチタイムには続々と客が詰め掛け、その後も夜は予約で満員の状態が続いているという。

 震災前は「かあちゃんの台所」としておふくろの味を提供する居酒屋。棟続きのショットバー「れもんはーと」と共に店主の佐々木浩さんが経営していた。バーは昨年9月中旬、自宅敷地内に再建したが、店が手狭なことと、同商店街の「市民が集う場所を作りたい」という理念に共感し、いったんバーを閉めて、新たに同商店街への出店を決意したという。震災後の陸前高田では飲食店が少ないことから、ランチタイムも営業する。ショットバー「れもんはーと」は店の隣で秋以降の開店を予定する。

 ランチタイムは陸前高田の老舗「熊谷精肉店」の味付けホルモンを使った「陸まる丼」や、その日手に入った新鮮な魚介を使った「本日のまかない丼」(以上450円)が人気。夜はポテトサラダや卵焼きなど家庭的なメニューのほか、卓上焼きを使った「ホルモン焼き」(350円)も提供する。

 復興支援で陸前高田市に応援に来ていた行政職員は「今日で陸前高田市への応援が終わり、明日には地元に帰る。最後の日にここに来ることができてよかった」と笑顔で話した。

 佐々木さんは「陸前高田の『陸』と、みんなが仲のいい感じのする『まる』を組み合わせて『陸まる』と名付けた。津波でいったんリセットしたいろんな事柄の再スタートを意味している。ランチの営業は初めてで慣れないことばかりだが、休憩時間の少ないサラリーマンたちに素早くランチを提供していきたい」と意気込みを見せる。

グローバルフォトニュース