天気予報

14

3

みん経トピックス

宮古で賢治アニメ先行試写会陸前高田におふくろの味新店

大船渡・盛川で支援団体が川遊びイベント-支援者が地域ぐるみで交流

大船渡・盛川で支援団体が川遊びイベント-支援者が地域ぐるみで交流

手作りソーセージを炭火焼で楽しむ参加者たち

写真を拡大 地図を拡大

 支援団体「3.11いわて教会ネットワーク」(岩手県盛岡市)は6月30日、大船渡の盛川河川敷で「サマーフェスティバル」を開催した。親子連れなど200人以上の市民が訪れ、バーベキューや川遊びを楽しんだ。

河川敷で川遊びを楽しむ子どもたち

 同団体は東日本大震災直後から支援活動を開始。昨年は救援物資や炊き出し、仮設住宅の支援活動をしたほか、12月には大船渡のリアスホールでクリスマスコンサートを開催するなど、精力的に活動を展開している。

 今回のフェスティバルは「地域と一緒になって地域を盛り上げていきたい」と、同団体から50人、地元大船渡から10人のボランティアが参加して実施。子どもたちは川遊びやバーベキュー、スタンプラリー、大人にはマッサージサービスも用意された。

 好天に恵まれ、会場には家族連れが多く集まり、ハープコンサートを楽しんだ後に飲食ブースで食事。「久しぶり」「最近どうしている」と知人同士が話をする姿も。

 同団体の陳寶如さんは「地元の人たちと一緒に作り上げたイベント。さまざまなアドバイスを頂いいて、いいイベントができたと思う。今日は子どもたちの参加が多く、思い切り走り回って遊んでもらえてよかった」と話す。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング