天気予報

5

-4

みん経トピックス

「復興美容室」が開店1年AKB48、大船渡でライブ

宮古にコミック専門古書店「春夏冬書房」-地元ニーズに応えて開店

  • 0
宮古にコミック専門古書店「春夏冬書房」-地元ニーズに応えて開店

6万冊のコミックが整然と並ぶ店内。「立ち読みOK」の本も

写真を拡大 地図を拡大

 岩手県宮古市にコミック専門の古書店「春夏冬(あきない)書房」(宮古市西町、TEL 0193-77-3787)が6月1日、オープンした。経営は市内で飲食店などを手掛ける「ドゥ・ヒートライズクリエイティブ」(大通)。

 書店だった空き店舗に開店。店内には「少年向け」「少女向け」「青年向け」と多彩なジャンルのコミック約6万冊を揃え、「ワケあり50円コーナー」など格安商品の棚も設けた。一角にはカフェコーナーも備え、ドリンクも持ち込める。「立ち読みOK」の本もあり、このラベルが貼られた本を手に、くつろぐことも可能。

 店長の椿芳子(かこ)さんは「新しいビジネス展開というよりは、宮古の人たちのカルチャーニーズに応えたかった。地域の人が気軽に立ち寄れる場になれば」と話す。

 震災後1年以上、古書店が姿を消していた同市での開店に、漫画ファンをはじめ小学生から高齢者まで多くの市民が来店。客からは「また古本屋さんができると聞いて楽しみにしていた」との声も。

 コミックの買い取りも行い、表紙があるものなら、多少汚れがあっても5円から買い取る。商品券や切手などの金券類の買い取りは要相談。

 営業時間は10時~22時。

グローバルフォトニュース