天気予報

5

1

みん経トピックス

三経1位は「国産ベース」

三陸鉄道が年始に「ランチ&スイーツ列車」 4人以上で運賃半額も

三陸鉄道が年始に「ランチ&スイーツ列車」 4人以上で運賃半額も

ランチメニューの「いわて恵づくし」

写真を拡大 地図を拡大

 三陸鉄道(本社=宮古市)は2018年の年明けに「ランチ&スイーツ列車」を運行する。

 釜石駅(釜石市)から盛駅(大船渡市)間を同鉄道のレトロ車両に乗りながら食事とスイーツを楽しむ人気のグルメ旅の企画。ランチはアワビやホタテなど三陸の海の幸を使った丼「いわて恵づくし」(1,600円)と岩手全域の食材を盛り込んだ「彩り浪漫」(1,100)の2種類。スイーツは大船渡市の菓子工房おおうらやが提供する「おおうらやスイーツBOX」(600円)で、食後にコーヒーが付く。このほか、レトロの雰囲気を醸し出すハイカラさんの服装をしたアテンダントが乗車し紙芝居を上演するほか、恋し浜駅では絵馬用ホタテ貝をプレゼントする。特別乗車証も進呈する。

 釜石発で、運行日は2018年1月6日・7日・8日・13日・14日の計5日。時間はランチタイムに合わせて12時5分発で、所要時間は約50分間。乗車区間の運賃(釜石ー盛間は1,080円)と座席指定券310円、それに食事やスイーツの料金が必要。乗車の3日前に予約する。

 なお、4人以上で予約すると運賃が半額になる。また、来年3月31日まで北リアス線の久慈・宮古間で運行する「こたつ列車」も同じ条件で運賃半額になる。

 予約はランチ&スイーツ列車=三陸鉄道・釜石駅(TEL 0192-22-1616)、こたつ列車=旅客サービス部(TEL 0193-62-8900)まで。

グローバルフォトニュース