天気予報

6

3

みん経トピックス

南三陸、芋煮会で交流気仙沼で年賀状デザイン教室

陸前高田に完成予定のコミュニティー施設 設計者・隈研吾さんがデザイン発表

陸前高田に完成予定のコミュニティー施設 設計者・隈研吾さんがデザイン発表

同日発表された、建物の完成予想図

写真を拡大 地図を拡大

 日本アムウェイ財団は10月27日、岩手県陸前高田市に建設を予定するコミュニティーハウス「陸前高田アムウェイハウス(仮称)」の設計デザインを発表した。

 同日、日本アムウェイ本社(東京都渋谷区)で行われた記者発表には、設計を手掛ける建築家の隈研吾さん、陸前高田市の戸田太市長、同社のピーター・ストライダム社長、同財団の*嘉楓(トウ・カフウ)代表理事が顔をそろえた。

 同財団が「Remember HOPE 東北復興支援プロジェクト」の一環として東日本大震災の被災地に建設するコミュニティーハウスは、岩手、宮城、福島の3県ですでに4棟を建設。今回の陸前高田が5棟目となる。敷地面積は約2000平方メートル。建物は平屋建てで、隈さんによると「素材に気仙杉(地元の杉)をふんだんに使いながら、美ししく強度の高い気仙大工の技術を取り入れた」とし、「軒下空間の延長線上には海があり、陸前高田の象徴でもある海と陸をつなぐ一つのゲートをイメージした。見た目の美しさはもちろん、サステナビリティーやコミュニティーづくりによりよい環境となるよう意識した」と説明した。大きな屋根はスロープから上ることがで可能で、陸前高田の海を眺められる展望台にもなるという。

 トウ代表理事は「各地のコミュニティーハウスでは、現地の方たちがワークショップを行うなど、行動に前向きな変化が起こっている。これからも復興への道を歩んでいる方々の力になっていきたい」と話した。

 建物は商業施設「アバッセたかた」近くのBRT駅の隣にできる予定。来年春に着工し、2018年内には完成を予定する。

*は人偏に冬

グローバルフォトニュース