天気予報

6

3

みん経トピックス

三陸鉄道に女性運転士南三陸、芋煮会で交流

三陸鉄道で「久慈ありす」誕生パーティー 発売10日で完売

 三陸鉄道(宮古市)は11月4日、鉄道むすめキャラクター「久慈ありす」の誕生を祝う「ありすのバースデーパーティー列車」を運行する。今回で9回目を数える。

 鉄道ファンやアニメキャラクターファンの間で人気の鉄道むすめシリーズ。久慈ありすは三陸鉄道の女性運転士をイメージしたキャラクターで、シリーズで2番目に登場した。これまでに同キャラクターを活用したスイーツやグッズが企画販売されるなど、同鉄道のPRをここ数年牽引してきた。

 パーティー列車は同鉄道が保有するレトロ車両2両で、久慈と田野畑を折り返して運転する。先頭には特製のヘッドマークを付けて走る予定。社内では乗客に久慈の特産品を盛り込んだ特製弁当が配られるほか、ビンゴゲームなど催しを行う。

 参加費は乗車券や飲食費などで計6,000円だが、今月7日に販売を開始したところおよそ10日後の17日に完売し、あらためて根強い人気を見せつけた。同鉄道広報部によると「例年売り切れるが、いつもより早く売り切れた。毎年、北海道から九州まで、全国のファンが集まってくれので、ありがたい」と話している。

グローバルフォトニュース