天気予報

19

14

みん経トピックス

大船渡で「大さんままつり」キャッセンがまちづくり大賞

三陸鉄道が「鉄カード」配布 7日から1000枚限定

三陸鉄道が「鉄カード」配布 7日から1000枚限定

鉄カード「三陸鉄道」のデザイン

写真を拡大 地図を拡大

 三陸鉄道(本社=宮古市)は10月7日から「鉄カード」を1000枚限定で配布する。

 鉄カードはトレーディングカードに似た名刺サイズのカードで、表に車両の写真と鉄道名、裏に鉄道データが記載されているもの。今年3月に全国の私鉄20社が共同で制作し配布をはじめた。すでに小田急電鉄(東京都・神奈川県)やひたちなか海浜鉄道(茨城県)、真岡鉄道(栃木県・茨城県)などが参加しており、鉄道ファンの間で話題になっていた。この秋から三陸鉄道も参加することを決定し、同日から同鉄道の指定駅で配布する。

 配布は無料だが、もらうには「片道途中下車きっぷ」「1日フリー乗車券」「中高生フリー乗車券」を購入することが条件。乗車券や切符、1枚につきカードは1枚の配布となる。

 配布する駅と配布枚数は、南リアス線=盛駅(100枚)・釜石駅(100枚)、北リアス線=宮古駅(200枚)・久慈駅(200枚)で、残り400枚は11月5日に久慈市で行う「秋のさんてつ祭り」などのイベントで、グッズ購入者を対象に配布するという。配布はカードがなくなり次第終了する。

 購入条件となる切符や乗車券の価格は次の通り。片道途中下車切符=南リアス線1,080円、北リアス線1,850 円、1日フリー乗車券(平日用)=南リアス線2,160円・北リアス線3,700円、1日フリー乗車券(土日祝日用)=南リアス線1,500円・北リアス線2,500円、中高生フリー乗車券(南リアス線のみ)=1,080円。

グローバルフォトニュース