天気予報

6

3

みん経トピックス

三陸鉄道で洗車イベント三陸の2団体に都市計画家賞

南三陸発 秋の味覚を存分に 「秋旨丼」始まる

南三陸発 秋の味覚を存分に 「秋旨丼」始まる

丼から溢れんばかりに具がのった「竜巳や」の秋旨丼

写真を拡大 地図を拡大

 南三陸町内の飲食店で9月1日から、ご当地丼「秋旨(あきうま)丼」の提供が始まった。

 季節ごとに趣向を変えてアレンジする同町の人気ご当地丼「キラキラ丼」の秋バージョンで、毎年9月から10月の2カ月間に売り出されるもの。この時期水揚げが盛んになるカツオやサンマ、さらにタコやイクラなど、三陸の海で取れる秋の味覚を存分に盛り込んだ海鮮丼で、使う素材や盛り付けのアレンジで各店が個性を出し合っている。

 これまで仮設商店街に入居していた店が、本設店舗を構え出していることもあり、今回は和食店を中心に8店が提供する。提供するのは、南三陸さんさん商店街の「創菜旬魚 はしもと」「弁慶鮨(すし)」「山内鮮魚店」「食楽 しお彩」「かいせんどころ梁」の5店と、志津川地区の「季節料理 志のや」、歌津地区の「南三陸 竜巳や」、気仙沼市本吉町の「鮨処 えんどう」の各店。価格は1,500円~2,500円。

グローバルフォトニュース