天気予報

22

18

みん経トピックス

女川発・国産テレキャスター

鎮魂の花火「ライトアップニッポン」 東北から全国へ広がり

鎮魂の花火「ライトアップニッポン」 東北から全国へ広がり

昨年の大槌町の様子

写真を拡大 地図を拡大

 全国各地で8月11日、一斉に「LIGHT UP NIPPON(ライトアップニッポン)2017」が開催される。

 2011年から、東日本大震災の被災地である岩手、宮城、福島の各地で毎年夏に行れてきた同イベント。今年も3県を中心に、熊本地震の被災地である西原村ほか、青森県鰺ヶ沢町、新潟県佐渡市、京都府丹木超など全国の10の都道府県、計15カ所で花火を打ち上げる。

 震災による犠牲者の鎮魂をきっかけにした同イベントだが、昨年あたりから会場を全国に広げてきており、神奈川県鎌倉市や鹿児島県屋久町など前後の別の日に花火を打ち上げるところを含めると計21カ所となり、全国的な夏の風物詩になってきた。

 11日、花火は19時30分から一斉に打ち上げる。冒頭の3分間は坂本龍一さんがアレンジした公式テーマ曲「赤トンボ」に合わせての打ち上げになる。各地の会場では地域の夏祭りやイベントも予定され、住民やボランティアらが集まり、交流イベントも行われる。

 三陸沿岸の打ち上げポイントは次の通り。岩手県野田村の十府ヶ浦公園、田野畑村、宮古市の田老港、大槌町の浪板海岸波板ヴィレッジ、大船渡市三陸町の越喜来地区。

グローバルフォトニュース