天気予報

22

19

みん経トピックス

三鉄に袴姿のアテンダント吉里吉里海岸で野外映画祭

岩手県大槌町でママ向けグロースハック養成講座 デジハリ福岡などが支援

岩手県大槌町でママ向けグロースハック養成講座 デジハリ福岡などが支援

福岡ですでにグロースハッカーとして仕事をしている女性たち

写真を拡大 地図を拡大

 岩手県釜石市の釜石情報交流センター(釜石市大町、TEL 0193-27-8751)で7月12日、「Growth Hack for Womenプロジェクト『ママ向けWebグロースハッカー養成講座』第3期生開講記念イベント」が行われる。

 同イベントは、IT人材育成のデジタルハリウッドSTUDIO福岡(福岡市)が2015年から続けてきた同養成講座が3年目に入ることを記念して行うもの。

 グロースハックは、主に大手企業のウェブサイトを最適化し、コンバージョン(成約率等)を高める仕事。特に消費の旺盛なF1層・F2層(20代~40代)による視点が重要であることから、近年企業側から同世代のグロースハックによる期待が高まっている。一方、グロースハックは技術を習得することで、在宅でかつ従事する時間にとらわれないことから、働く側の女性からも注目される。福岡でその中心的な役割を担う「ママグロースハッカーズ」(同)は、同校の積極的なサポートもあり、子育て世代のライフスタイルを支える新しい取り組みとして、これまでにさまざまなメディアに取り上げられてきた。

 今回は、同講座を行う同校が、遠隔地で仕事ができるメリットを享受しやすい同県三陸沿岸部の市町村に受講対象地域を拡大したもの。IT関連の事業を手掛けるKAI OTSUCHI(大槌町)と協働で実施し、受講人数は4人程度を予定する。受講期間は9月から11カ月間で、毎週1~2日、釜石市内で集まりながら同校とオンラインでつないぎ授業を受ける。岩手受講者に限り今期の受講料は免除となる。

 12日のイベントでは、同校とオンラインでつなぎながら、耳慣れない「グロースハック」という仕事について理解を深めるほか、すでにこの仕事で収入を得ているママグロースハッカーズのメンバーから生の声を聞きながら、受講とその後の仕事についてイメージを広げてもらう。

 同校の高橋政俊校長は「自分の祖母の出身が岩手ということもあり、この縁を大事にしたい」とし、「2015年から続けてきたこの講座を震災から立ち上がる女性たちに役立ててもらいたい。(12日の)記念イベントからでもぜひ参加してもらえれば」と呼び掛ける。

 会場は2階会議室。開催時間は10時30分~12時30分。入場無料。参加はホームページから申し込む。子ども同伴可。

グローバルフォトニュース