天気予報

6

3

みん経トピックス

南三陸で2つの打ち上げ花火大船渡にものづくり2社

南三陸「福興市」 今月のテーマは発祥の地「銀ザケ」

南三陸「福興市」 今月のテーマは発祥の地「銀ザケ」

銀ザケ漁の様子。当日も朝水揚げされた銀ザケを販売する予定

写真を拡大 地図を拡大

 南三陸町の志津川仮設魚市場(南三陸町志津川)で6月25日、「志津川湾 銀ざけ・ホタテまつり福興市」が開催される。

 震災以降、毎月最終日曜に開催する福興市。毎回テーマを変え、今回は養殖が「南三陸発祥」といわれる銀ザケに加え、ホタテを大々的に売り出す。その日の朝に水揚げした新鮮な銀ザケを一本丸ごとから、切り身などを販売するほか、ホタテは殻付きのほか、焼きホタテも販売する。

 事務局担当者は「銀ザケは成長が早く脂の乗りがいいのが特徴。もちろん味も文句なしで、和食・洋食どちらにも相性抜群。当日は、浜値で数量限定で1本売りするが、これが人気になりそう。お刺し身の試食や各店舗独自の銀ざけ料理も並ぶので、ぜひ遊びに来てほしい」と話す。

 開催時間は9時~13時30分。入場無料。

グローバルフォトニュース