天気予報

7

-1

みん経トピックス

南三陸発くまモングッズ気仙沼で観光巡回バス運行

三陸鉄道「お座敷列車」に新メニュー 三陸の食の豊かさアピール

三陸鉄道「お座敷列車」に新メニュー 三陸の食の豊かさアピール

三陸の海の幸を使った料理10品以上をそろえた大漁舟唄御膳

写真を拡大 地図を拡大

 三陸鉄道・北リアス線が4月29日、「お座敷列車北三陸号」で新メニュー「大漁舟唄御膳」の販売を始める。

 お座敷列車ではこれまで、ウニアワビ丼などの海鮮弁当のみを販売してきたが、今回新たに地元三陸の海産物を素材にした御膳料理を開発、販売する。

 メニューは先付の「メカブのイクラ沿え」をはじめ、地元で「ばくらい」と呼ばれるホヤとナマコの腸の塩辛やウニの貝焼き、アイナメ田楽、すき昆布とさつま揚げの煮物、ウニ飯のおにぎりなど、三陸ならでは食材を使った。中にはドラマ「あまちゃん」の放映を機に全国にも知られるようになった「まめぶ」を天ぷらにしたユニークなおかずも入っている。

 同社広報担当者は「今シーズンのお座敷列車北三陸号の一押しメニュー。たくさんのお客さまに召し上がってほしい」とPRする。

 同メニューは久慈発列車でのみの販売で、価格は3,000円。要予約。乗車日の2日前の13時までに旅客サービス部(TEL 0193-62-8900)まで。

グローバルフォトニュース