天気予報

22

12

みん経トピックス

気仙沼の美術館で「養殖展」三鉄お座敷列車に新メニュー

南三陸復興ダコの会が「くまモン」まゆ人形 被災地支援の恩返し

南三陸復興ダコの会が「くまモン」まゆ人形 被災地支援の恩返し

九州の図柄をかたどった木製の台座の上に立つくまモン

写真を拡大 地図を拡大

 南三陸町の復興支援団体「南三陸復興ダコの会」(南三陸町入谷)が現在、まゆ人形「くまころりん」を販売している。

 「くまころりん」は熊本のご当地キャラクター「くまモン」をかたどったまゆ人形で、顔の表情は笑顔バージョンとびっくりバージョンの2種類。価格は1個800円。

 東日本大震災後の2012年と2013年に、くまモンが同町を慰問に訪れたのをきっかけに、かつての地場産業だった養蚕からヒントを得て開発し、まゆ玉にくまモンの図柄を描いた。

 熊本地震後の昨年8月から、熊本県をはじめ九州地方の人たちから受けた支援の恩返しとして、 1個につき300円を熊本の被災地に寄付している。現在200個ほどを販売し、約6万円を「熊本市熊本地震災害義援金」に寄付する予定という。

 同会広報担当者は「ネット販売で好評をいただいており、毎日にように売れている」と話す。

グローバルフォトニュース