天気予報

18

12

みん経トピックス

南三陸・歌津に観光交流拠点サヴァ缶にスパイシー味

走ることで被災地応援 IT系イベント「RUN311」、参加を呼び掛け

  • 0
走ることで被災地応援 IT系イベント「RUN311」、参加を呼び掛け

投稿写真には専用のフレームを用意する

写真を拡大 地図を拡大

 東日本大震災から6年を迎える3月11日を前に、ランニングとスマートフォンのアプリで被災地を追悼するイベント「RUN 311」が行われている。

 宮城県石巻市でIT教育を支援する「イトナブ」が手掛ける。「走る」「歩く」「自転車」の3つで移動した距離を専用のスマートフォンアプリで写真と共にフェイスブックやツイッターなどのSNSに投稿し、合計の距離をカウントすることで、被災地へのメッセージとする取り組み。今年で5回を数える。

 「目標の距離は地球一周と同じ4万キロ」と話す広報担当の加藤奨人さん。「全国から参加していただいている。反応は昨年よりやや少なめが、ここからどんどん盛り上げていきたいと参加を呼び掛ける。「投稿する写真はランに限らず景色や自転車など被写体は好きなもので大丈夫」とも。

 アプリは無料で、iOSとアンドロイドに対応。RUN311のウェブサイト内から。距離のカウントは3月12日まで。

グローバルフォトニュース