天気予報

24

12

みん経トピックス

女川町から国産ベースギター釜石で趣味を生かした交流会

三陸石鹸工房KURIYAが移転1カ月 集客増追い風に新商品開発も

  • 0
三陸石鹸工房KURIYAが移転1カ月 集客増追い風に新商品開発も

白を基調にした店内

写真を拡大 地図を拡大

 手作り石鹸を販売する三陸石鹸工房KURIYA(女川町女川浜、TEL 0225-25-7191)が女川町の新商業施設「地元市場ハマテラス」に移転し1カ月がたった。

ハマテラス内の店の外観

 これまでは、同町の仮設商店街「きぼうのかね商店街」に店を構えていたが、閉鎖に伴い中心商店街「シーパルピア女川」内のハマテラスに移転した同店。全国から復興のフロントランナーとして注目される同町の中心に拠点を構え、店の名称も変更を加えたことで、新たなスタートを切った。

 運営会社「アイローカル」の厨勝義社長は「以前は店を知っている人がわざわざ訪れてくれていた。今はそれに加え商店街に来た人が偶然目にしてくれるようになったので、客数が増えた。広さは前に比べて1.5倍になり、売り場も製造工房も広くなった。今後はスタッフも増やし、手作りせっけんのワークショップも充実させていきたい」と意気込みを見せる。

 同工房のせっけんは、ワカメやアカモクなどの海藻類やシルク、トウキ(セリ課の植物)といった三陸や東北の地域資源を生かした点が特徴。現在の主力商品は、1辺2.5センチの小さなキュービック状のオーガニックせっけんで、2月中には洗顔石鹸の販売も始めるという。

 手作り石鹸のワークショップはワカメ、竹炭、ハチミツの3種のフレーバーから選べ、価格は1人=3,000円(最少催行人数3人)。所要時間は約1時間。水曜定休。

 営業時間=10時~17時、水曜定休。

グローバルフォトニュース