天気予報

17

10

みん経トピックス

女川から国産ギター新発売南三陸で生きアワビ特売会

三経年間ランキング1位は女川発ギターブランド「QUESTREL」

  • 0
三経年間ランキング1位は女川発ギターブランド「QUESTREL」

12月17日に発売になったQUESTREL「SWOOD(ソード)」

写真を拡大 地図を拡大

 三陸経済新聞の2016年PV(ページビュー)ランキングは、宮城県女川町で国産ギターの製造を始めたギターブランド「QUESTREL(ケストレル)」の記事が1位に輝いた。ランキングは今年1月1日から12月19日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。

1.女川発エレキギター「ケストレル」発表 デザインはフェラーリの奥山清行さん(3/13)

2.ふるさと納税の返礼品で夏フェスのチケット ケセンロックフェスが発表(4/8)

3.女川から国産ギター「ソード」発売 ギターの表現に新たな可能性(12/19)

4.大船渡で婚活しながら商品開発 地域グルメの開発通じて男女交流(12/25)

5.南三陸で年末フリーマーケット 新築後のリサイクル需要に応えて(12/16)

 QUESTRELは、12月に完成したギターの記事も3位にランクインした。同ブランドは仙台市で起業したセッショナブルが、震災で市街地の約8割が被災した同町に製造工房を構え、木材や製造技術をすべて国内でまかなったギター。独特のデザインは、フェラーリのデザインで知られる工業デザイナー、奥山清行さんが手掛けたことでも話題をさらった。

 2位も音楽ネタで、毎年、岩手県一関市で行う「ケセンロックフェス」がふるさと納税とコラボしたことが注目を集めた。

6.大船渡東高校で「ICTキャリア教育」授業 「身近なものを良くする」テーマに(7/7)

7.陸前高田の観光アプリがリリース ワークショップ通じて開発(5/26)

8.三陸鉄道で「クリスマス列車」運行 サンタ扮する社員がおもてなし(12/14)

9.南三陸・歌津に観光交流拠点施設 隈研吾さん設計、愛称募集(12/8)

10.南三陸で民泊が話題に 海外からも受け入れ(6/13)

 東日本大震災から5年を迎えた2016年は、地元の企業や非営利団体が独自の取り組みで地域に貢献する活動が話題を呼んだ年になった。三陸沿岸各地とも、2017年は土地の嵩上げ工事が一段落する予定で、市街地の整備を中心にまちづくりがワンステージ進むことになる。三陸経済新聞は引き続き、再生する街の動きを伝えてきたい。

グローバルフォトニュース