天気予報

17

10

みん経トピックス

大船渡にギークハウス陸前高田のカキ新商品W受賞

大船渡・越喜来地区に現代アートな貸別荘

  • 0
大船渡・越喜来地区に現代アートな貸別荘

1階は入り口や倉庫、2階と3階は居住スペースを備える

写真を拡大 地図を拡大

 大船渡市の越喜来地区に今年4月にできた貸し別荘「越喜来 ハウルの船」が民泊システム「airbnb(エアービーアンドビー)」による集客を始めた。

貸し別荘から見える三陸の海

 同施設は、越喜来地区の郊外に位置し、リアス式海岸が一望できる小さな岬が丸ごと別荘の敷地となっている。

 「現代アート」のデザインを取り入れた同施設は、40年ほど前に東京・銀座の画廊オーナーが建てた物件といい、現在は「大船渡ゲストハウス」(盛町、TEL 090-7940-6474)のメンバーらが管理運営を行っている。

 建物全体を船の操舵(そうだ)室に見立てた造りで、2階と3階に居住スペース。3室あるベッドルームには木製の2段ベッド6台を備える。このほか、キッチン(冷蔵庫、食器、カトラリー付き)、Wi-Fi設備、プロジェクター用スクリーンを用意する。宿泊客の最大受け入れ人数は12人。で、企業や学生のセミナー合宿需要を見込む。

 大船渡ゲストハウスの大関輝一さんは「岬のてっぺんに建っているので、三方を海に囲まれた三陸の自然を存分に感じられるロケーション。両脇の海岸はプライベート感覚でエメラルドグリーンの海を独り占めできる。庭にはバーベキュー設備も備え、昼はバーベキュー、夜は満天の星空を眺めながら交流をたのしむグループににおすすめしたい」と話す。

 利用料金は一棟貸しで1泊=2万52円(日本円換算)。

グローバルフォトニュース