天気予報

22

12

みん経トピックス

三陸の「んめぇもん弁当」南三陸で「たんぼライブ」

全国丼グランプリに三陸沿岸から3丼ノミネート-結果は「いい丼」の日に発表

  • 0
全国丼グランプリに三陸沿岸から3丼ノミネート-結果は「いい丼」の日に発表

宮城県南三陸町から選ばれた静江館のキラキラ丼

写真を拡大 地図を拡大

 全国丼連盟(東京都中央区)が実施する「第1回・全国丼グランプリ」で、岩手県と宮城県の三陸沿岸から3つ丼がノミネートされている。

みなと食堂の「ヒラメの漬け丼」

 同グランプリは、今年7月から自薦と他薦で応募があった全国各地の1260丼から、同連盟の審査により全11部門で計200丼を優秀丼としてノミネート。全国連盟員による一般投票で、各部門からそれぞれ金賞を決める。

 三陸沿岸から選ばれたのは、宮城県南三陸町の静江館・山内鮮魚店「南三陸キラキラ丼」(ご当地丼部門)、岩手県田野畑村の北川食堂「五地層丼」(海鮮丼部門)、青森県八戸市のみなと食堂「ヒラメ漬け丼」(海鮮丼部門)の3丼。南三陸キラキラ丼は同町の飲食店がイクラやウニなど地元の素材を使いながら季節ごとにテーマでアレンジするご当地丼。五地層丼は海鮮丼の下にさらにいちご煮(ウニなどの潮汁)を卵でとじた具をしのばせた5層の丼。ヒラメ漬け丼はしょうゆ漬けにしたヒラメに卵の黄身をのせた丼で、具とご飯をかき混ぜて食べる。

 同事務局では「昨年、日本食が世界無形文化遺産に指定されたが、『丼』も世界に誇れる日本の代表的な食文化。丼を通じて日本を元気にし、地域活性化を目指したい」とコメントしている。

 すでに投票は行われており、締切は10月10日。結果は11月10日の「いい丼」の日に同連盟サイト上で発表される予定。投票資格は同連盟ウェブサイトにある「全国統一丼検定」を受け、合格基準点の70点以上で得られる。

グローバルフォトニュース