天気予報

12

1

みん経トピックス

サヴァ缶にスパイシー味三陸鉄道沿線で山田線写真展

南三陸の春を演出した「キラキラ春つげ丼」 町内6店で提供

南三陸の春を演出した「キラキラ春つげ丼」 町内6店で提供

写真は食楽しお彩の春つげ丼

写真を拡大 地図を拡大

 宮城県南三陸町のご当地グルメ「キラキラ丼」の春バージョン「春つげ丼」が町内の飲食店で3月1日から提供されている。

 毎年3月・4月の2カ月間、同町で営業する和食レストランやすし店計6店が提供する同メニューは、、ホタテやカキ、タコ、ハラコ(イクラ)、メカブ(ワカメの茎)など同町で捕れる魚介類に菜花など春の野菜を盛り付けた丼もの。提供する6店がそれぞれ趣向を凝らしながら、同町の食の魅力をアピールしている。すでに固定ファンもいて、この時期になると県外からもその味を求めて来町する客もいるほど。

 提供店は、創菜旬魚はしもと、弁慶鮨(すし)、山内鮮魚店、食楽しお彩(以上、本設の南三陸さんさん商店街)、南三陸竜巳や(歌津)、鮨処えんどう(気仙沼市本吉町)の6店。価格は店によって1,200円~1,800円。メニューの詳細は南三陸町観光協会のホームページで確認できる。提供は4月30日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング