天気予報

25

19

みん経トピックス

特集は「志津川ダコ」大船渡で地方創生シンポ

釜石情報交流センター「釜石PIT」でこけら落とし 映像イベントの場にも期待

釜石情報交流センター「釜石PIT」でこけら落とし 映像イベントの場にも期待

釜石情報交流センター1階のラウンジ。ミッフィーカフェを併設し、すでに子どもたちの遊び場にもなりつつある

写真を拡大 地図を拡大

 昨年末にオープンした「釜石情報交流センター」(釜石市大町1、TEL 0193-27-8751)のイベント交流スペース「チームスマイル・釜石PIT」で1月9日~11日、こけら落としのイベントが行われる。

ミッフィーカフェ

 復興整備計画「フロントプロジェクト」の一環で「商業とにぎわいの拠点」の一つとして12月23日にオープンした同センター。イベントスペースとして利用が見込まれる「釜石PIT」は同センターの多目的集会室で、エンターテインメント企業「ぴあ」が中心になり地域交流イベントなどさまざまな催しを企画する。

 1月9日は地元の子どもたちによる伝統芸能「虎舞」の演舞、ダンスチームによるパフォーマンス、釜石高校音楽部による合唱、和LIVEの演奏のほか、10日は元プリンセス プリンセスのボーカル・岸谷香さん、11日はゴスペラーズのライブを開く(チケットは両日共ソールドアウト)。23日からは、市民による映画上映のワークショップ「ツナガル『上映会』をツクル!」(全4回)を行うなど、施設利用は上々の滑り出しを見せている。

 同センターを管理する第3セクター「釜石まちづくり」の事業課長・下村達志さんは「255インチの大型スクリーンに高輝度プロジェクターを設備しているので、映像関連のイベントに相性がよい施設となっている。ぴあの強みであるライブに加え、釜石には映画館がないため、映画上映やスポーツのパブリックビューイングなども企画していきたい」と話す。

 施設内にはフリーWi-Fiを備え、2階はスタディーコーナーでの学習利用や、ワークスペースのビジネス利用も見込む。利用料はスタディーコーナー無料、ワークスペース=1時間100円、釜石PITの利用料金(4時間)は、非営利利用=5,000円、営利利用=1万2,000円など。開館時間は9時~22時(ミッフィーカフェは10時~22時)。第3木曜休館。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング