天気予報

26

17

みん経トピックス

大槌町浪板海岸に交流施設南三陸で今年最後の福興市

JR女川駅前に新商店街「シーパルピア女川」 起業の拠点として注目も

JR女川駅前に新商店街「シーパルピア女川」 起業の拠点として注目も

海に向かって緩やかな坂が延びるプロムナード。両側にテナントが並ぶ © yosuke komatsu

写真を拡大 地図を拡大

 女川町のJR女川駅前に12月23日、新しい商店街「シーパルピア女川」(女川町女川浜)がオープンした。同日、「女川まちなか交流館」も同時に開館。「おながわ復興まちびらき2015冬」と題したオープン記念イベントも開催し、久しぶりに震災前のにぎわいを取り戻した。

 シーパルピア女川はテナント型の商業施設で、同駅から海に向かって伸びる約170メートルのプロムナードが特徴。両側には飲食店や小売店など27の事業者が入居する。被災を経て事業の安定化を目指す事業者や、スペインタイルの製造業、国産ギターのメーカーなど、震災後に新たに起業した事業者も入居。同じ駅前で起業支援を手掛ける「女川フューチャーセンターCamass(カマス)」を核に東北地域の起業のメッカとして注目も集めている。

グローバルフォトニュース