天気予報

24

21

みん経トピックス

ワカメのレシピコンテスト大槌町浪板海岸に交流施設

岩手県の三陸3市で「本気インターンシップ」 1カ月半で成長目指す

岩手県の三陸3市で「本気インターンシップ」 1カ月半で成長目指す

前回、大船渡のアローリンクスで行われたインターンシップの様子

写真を拡大 地図を拡大

 若年層の定住促進を手掛ける非営利団体「wiz(ウィズ)」(大船渡市、TEL 080-9017-7214)は来年2月から3月にかけて学生を対象としたインターンシッププログラムを提供している。現在、インターンシップの研修生生を募集中。

 今年夏に実施したプログラムと同様の内容で、インターン先はIT企業のアローリンクス(大船渡市)、しょうゆ醸造の八木澤商店(陸前高田市)、自然体験プログラムを提供する三陸ひとつなぎ自然学校、6次産業化を手掛けるKAMAROQ(以上、釜石市)の計4社で、およそ1カ月半の期間、実践形式で仕事の現場を体験する。

 事務局スタッフは「岩手には魅力的な企業があるが、地元の学生はその魅力に気がついていないことが多い。経営者とともに本気でプロジェクトに取り組むことで、存分にその魅力に迫ることができるはず」とし、「数日間のインターンでは得られない充実感と、自分の成長を感じられる。自分の力を120%発揮してみたい学生、この冬、自分の力を集中して伸ばしたい学生にぜひ来てほしい」と話している。

 対象は大学生・大学院生・短大生・専門学校生で、学部や年齢は問わない。参加費は無料。宿泊費と交通費(岩手県外の学生に限る)を一部補助する。 現在、個別面談による説明会を随時実施している(Skypeも可能)。希望者はインターン検索サイトProject Indexで確認するか、wizに直接問い合わせる。

グローバルフォトニュース