天気予報

12

1

みん経トピックス

南三陸で「縁がわアート展」宮古で「復興秋まつり」

南三陸でモルタル使ったモアイ像発売-津波で失った海水浴場の砂を素材に

南三陸でモルタル使ったモアイ像発売-津波で失った海水浴場の砂を素材に

「ネット通販は行わないので南三陸へ観光に来て買ってほしい」と柳井さん。

写真を拡大 地図を拡大

 南三陸町の「顔」にもなっているモアイのミニチュア像「手のひらサイズのモアイ像」が8月下旬、発売された。販売元は同町で復興支援グッズを手掛ける「南三陸モアイファミリー」(TEL 080-5533-5423)。

皿付き2個セット

 同商品は、同町中心部のサンオーレ袖浜の砂を素材にモルタル工法で仕上げた高さ3センチほどの小さな置物。 赤、青、黄など7色を用意し、それぞれ学力向上や勝負運、金運など、運気上昇の「効能」を与えている。商品化には鳥取県でモルタルを使った商品開発を手掛けるモルタルマジック(鳥取県鳥取市)が協力した。

 同プロジェクトの柳井謙一さんは「袖浜は町民に愛されていた砂浜で、過去にはきれいな海水浴場として選ばれたこともある。震災以降、使えなくなってしまったが、そこの砂を使うことで南三陸の今を知ってもらうきっかけになれば」と期待を込める。

 全てシリアルナンバー入りで、価格は1個1,000円、皿付きの大小2個セットは2,000円。売り上げの5%を被災地復興のために寄付する。同町の仮設商店街「南三陸さんさん商店街」(南三陸町志津川)に店を構える「わたや」「フレンズ」「りあん」「だいん」「みなみな屋」で販売する。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング